本文へスキップ

株式会社ブライソン経営研究所は組織の成長と輝く人材(ブライトパーソン)の育成を支援する会社です。

TEL. 045-228-3175

〒231-0014 横浜市中区常盤町3-24 サンビル7F

事業をより拡大したい企業様

巨大な市場ですが、思わぬ落とし穴も!

  • 中国のビジネスは一筋縄ではいかないことは言うまでもありません。その中でも成功している企業の多くはよいパートナーと巡り合えたということがあります。
  • 中国企業は、始める場合の意思決定は早く、その反面撤退も早いです。まずはやってみて修正し、だめだと思ったらためらいなくやめてしまう、そんなビジネス慣習があります。実際上海の飲食店も1年で7,8割が入れ変わるという話も現地で耳にします。
  • 日系企業のノウハウを獲得したいために、積極的にラブコールを送ってくる中国企業も多くあります。ご紹介したい案件もいくつか常時あります。
  • 上海ブライソンは中国ビジネスの慣習もよく理解しておりますので、コレは本物と判断した案件については日系企業様に個別にご提案に伺います。その折は、提案の内容について耳を傾けていただきたいと思います。もし、ご興味・関心があり、具体的に話を前に進めたいのであれば、ココからが重要なのですが、貴社と弊社との役割分担を明確にし、連携して、コトを運んで行くことについてご理解いただきますようお願いいたします。

上海ブライソンのM&A

  • 中国・アジア企業との事業提携、資本提携などの事業展開の「パートナーの選択と活用」は、経営を軌道にのせるために検討すべき最重要戦略分野であると考えています。中国国内のネットワークと知見で事業展開の将来につながる友好的日中M&Aを支援いたします。

  • 近年M&Aについて日本企業と中国企業が積極的な姿勢を見せています。M&AとはMergers and Acquisitionsの略で、直訳すると企業の合併と買収のことを言います。企業規模の拡大によるコストメリットの獲得、企業発展までの時間短縮、顧客基盤の獲得、技術・ノウハウの獲得、優秀な人材の確保、純粋な設備投資資金の獲得などM&Aの動機は多岐にわたります。

  • M&Aの範囲・手法も様々であり、広義のM&Aは資本を伴わない事業提携なども含まれており弊社では日中間の資本を伴わない企業連携から買収・譲渡まで幅広く支援していきます。ブライソングループ各社による現地情報を下に綿密な調査を施し、適切なパートナーの選定を行います。その上で、日中企業間の契約成立の仲介コンサルティングを円滑に行う体制を整えています。

  • 上海ブライソンはブライソングループ各社のクライアントネットワーク及び銀行・投資会社・律師,会計師事務所・M&A仲介機関などとのネットワークを築き、日々拡大させています。これまでの日中間の経営コンサルティング実績と経験を併せて、ご満足いただける支援をしていきます。


    上海ブライソン投資管理有限公司 法定代表 豊田 文士

株式会社ブライソン経営研究所

〒231-0014
横浜市中区常盤町3-24 サンビル7F

TEL 045-228-3175
FAX 045-228-3176